基礎体温とはからだが熟睡しているときの体温のことです。

健康な女性の場合、性周期にそって、整理から排卵までの「低周期」排卵から生理までの「高周期」の二つの時期があります。

この高周期、低周期の有無やsれぞれの期間などをみることで排卵の有無やホルモンの分泌状態がわかります。
基礎体温は不妊の原因をさぐる重要なてがかりとなるため、不妊治療には欠くことができません。

また、基礎体温から排卵日を推測し、治療スケジュールをたてるほか、治療効果の確認や妊娠の早期確認といった役割もあります。

基礎体温測定に必要なものは?

基礎体温を測るためには、「婦人体温計」が必要です。婦人体温計は、通常の体撒計よりも目盛りが細かく、より厳密に体温が測定できるようになっています。婦人体温計には、水銀と電子の2種類があり、水銀体温計は、より厳密に測定ができますが、測定時問が5分秘度かかります。一方、電子体温計は測定結果に若干の誤差がでますが、1〜3分ですみます。

基礎体温の測り方

毎朝目が覚めたらすぐ、なるべく動かずに、体温計をしっかりと脇の下に入れて測ります。測定した体温は、基礎体温表(通常、婦人体温計に添付してあります)に記録しますが、風邪などの体調の変化、生理日、性交日などを備考欄に併せて記入していきます。

基礎体温をつけはじめたら、なるべく毎日同じ時間に測定するようにしましょう。

もしいつもとちがう時間に測定した場合には、その都度、欄外に記入しておきます。また初めて基礎体温をつける場合には、生理開始直後が最適です。