最近は面倒な料理をしなくても手軽に食事かとれるようになった一方で、食生活の乱れからくる病気が、広がりを見せています。
食べ物は、人の命の堆本です。バランスのよい食事をとらないと、からだに変調をきたし、生殖機能にも影響がおよんできます。

また栄盤の面ばかりでなく、妊娠の碓率をアップさせるためには、「からだを冷やさない」ことも大切です。「冷えは万病のもと」ともいわれますが、冷えれば代謝が悪くなり、ひいては生殖機能も低下してしまいます。

同じ野菜をとるにも、からだを温める、根菜類の煮物などをとるといった工夫も必要となってきます。

妊娠の確率を高める栄養素

  1. ビタミンE・・・精子をつくるのに、重要な役割をはたしています。
  2. カルシウム・・・骨を丈夫にし、不妊の原因ともなる、ストレスにも効果があります。
  3. ビタミンA・・・からだを活性化させます。
  4. ビタミンB・・・スタミナアップに効采的です。
  5. 亜鉛男性・・・ホルモンの合成を促します。
  6. アルギニン・・・たんぱく質を形成する必叙アミノ酸の一種で、精液の80%を占める成分です。ただし、過剰摂取をすると、関節肥大や骨の形成奇形を起こす
  7. 危険があるので、注意しましょう。