1.排卵

卵巣の中には、卵子のもととなる「原始卵胞」がたくさんつまっています。この「脈始卵胞」が脳下脈体から分泌される卵胞刺激ホルモンを受けると、数個の卵胞が育ちはじめます。月に一度、左右どちらかの卵巣から、そのうちのたったひとつの卵胞が成熟して破裂し、卵子が外へ飛び出します。これが「排卵」です。

卵胞から飛び出した卵子は、脱腔内を泳ぐように移動し、「卵櫛釆」に吸われるように取り込まれ、卵子の中に入っていきます。排卵された卵子の寿命は、わずか約2日間です。

側時に、排卵後の卵子は「排卵したよ」というサインを脳下垂体に出します。これは「フィードバック作用」と呼ばれるもので、卵子からのサインを受けた、脳下垂体は、今度は卵子に向けて黄体ホルモンを分泌します。

すると卵子からは卵胞ホルモンが分泌され、それを受けた子宮内膜は受精卵を受け入れるために、栄養たっぷりのふわふわベットのようになっていきます。

2.射精

一方、安静の副睾丸で静かに出番を待っていた精子は、射精の命令がくると静官の命令がくると精子の運動によって移動し、静官膨大部に運ばれ、いわゆるオルガスムスに達すると、精嚢液や前立腺液とともに、外に出されます。これが射精です。

1回に射精される精液は約3CCで、1CCあたり、約6000万から1億匹の精子がいます。
精子の99%は分泌液で、精子の占める割合は約1割です。

3.受精

射精から1〜2時間後、泳ぎ疲れた精子たちは、ようやく卵子の待つ卵管へと到着します。
ここまで来る間に、射精直後には3億匹いた精子は、わずか1000匹ほどになっています。
そしていよいよ、卵管膨大部で精子と卵子が出会います。
精子達は、卵子を見つけるといっせいにむらがり、一番先に卵膜を破った精子だけが卵子の中に入り、、卵子の中の核と合体して受精が成立します。
受精の瞬間、卵子は透明帯を固く閉じ、ほかの精子は入れないようにします。こすいて受精した卵子は「受精卵」となります。

3.子宮への着床

受精した卵子は細胞分裂を繰り返しながら卵管を通って子宮へと進み、子宮内膜に付着します。
これを「着床」といい、排卵から着床まではおよそ7日間かかります。

もし受精しなかった場合は?

精子と出会えなかった卵子は、そのまま死んでしまいます。卵子が先んで批体ホルモンの分泌が止まると、子樹では受粘卵を受け入れるために厚く、やわらかくなっていた子樹内服がはがれおち、体外へと排出されます。これが「生理」です。

妊娠成立の条件

こうしてみると震妊娠の成立には以下のような条件が必要であることがわかります。
女性

  1. 排卵がある。
  2. 卵子が卵管内に、うまく入っていける。
  3. 卵が卵管内を通り抜けて、f向内膜に茜床できる。

男性

  1. 精子があり、そのはたらきが正常である。
  2. 通常のセックスで、謄内に射粘できる。このうちのどれかがうまくいかないと妊娠できない、つまり「不妊」ということになります。