女性の身体の仕組み

女性のからだのしくみは、とても複雑です。診察結果を十分に理解するためにも、まずは自分、からだのつくりやはたらきを、しっかりとチェックしておきましょう。

女性性器の構造とはたらき

女性性器は、外から兄える「外性器」と、腹控内(おなかのなか)にあって、外からは見えない内性器とにわかれています。
外性器
人陰唇、小陰梓、バルトリン口部、尿道口、陰口など
内性器
膣、子宮、子宮頚管、卵管、卵巣など

男性の身体の仕組み

男性の生殖器は尋女性の生殖器に比べると単純なしくみになっています
男性性器の構造とはたらき
ペニス
ベニス瞳粘液を女性の隙の奥深くへ送りこむための器官です
陰嚢
ニスのドにぶらぶらさがっているシワシワのの袋です
睾丸
子をつくったり、男性ホルモンを分泌する器官です。重さ15gから20gほどの卵型で左右の陰瀧の中に1個ずつ入っています。
副塞丸
粘巣から運ばれた粘子はここで受精能力をもちます。睾丸の上端から下端にひもをかけたようにさがっている管状の組織で、精管につながっています。
精管
左右の副睾丸から尿道までをつないでいる細い管で精子の通り道です。
精囊(せいのう)
精管から運ばれてきた精子を蓄え、精子の運動を活発にする分泌液が出ています。
前立腺
管と尿道がつながるところをとりまく、栗の実のような形と大きさをした腺です。